リンクリゾルバのログ分析による業務改善 (特集 データ分析によるサービス改善) Improvement of library operations by log analysis of the link resolver

この論文をさがす

著者

    • 林 賢紀 Hayashi Takanori
    • 国立研究開発法人国際農林水産業研究センター企画調整部情報広報室情報管理科 Information Management Section Information and Public Relation Office Research Planning and Coordination Division Japan International Research Center for Agricultural Sciences

抄録

リンクリゾルバのアクセスログを解析することで,よく利用されるサービスを把握でき,利用者の行動把握とサービスの改善に繋げることが可能である。本稿では,リンクリゾルバのログ分析による業務改善に資するため,SFXを例としたログ解析の手法を示した。具体的には,SFXが有する統計出力機能を使用して,利用者がどのような文献データベースから文献の入手を試みているか,また特定の文献データベースの検索結果から入手を試みたがオンラインでは入手できなかった雑誌タイトルの集計などを行った。これにより,電子ジャーナルの利用統計だけでは把握できない情報資源を連携させた利用の様態を明らかにし,業務改善に資することができる。

By analyzing the access log of the link resolver, it is possible to grasp the service well used, it is possible to lead to improvement in the user's behavior grasping and services. In this paper, in order to contribute to the improvement of library operations through log analysis of the link resolver, it showed the method of log analysis as an example the SFX. Specifically, obtained using a statistical output function that SFX has, aggregate number of bibliographic databases what the user try to get article by, and journal title that search from a specific bibliographic database were not available online. This makes it possible to clarify the aspects of utilization that links information resources that cannot be grasped only usage statistics of electronic journals, it can contribute to improve operations.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 65(10), 424-429, 2015

    社団法人情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009986631
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    026766150
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ