雑誌『太陽』『明六雑誌』における程度副詞類の使用状況と文体的傾向(<特集>近代語研究の今とこれから) The Use and Writing Style of Degree Adverbs in Taiyo and Meiroku-Zassi(<Special Issue>Current Topics and Prospects in the Study of Modern Japanese)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

国立国語研究所『太陽コーパス』・『明六雑誌コーパス』内に出現する主な程度副詞について調査すると、文末辞を基準とした文語記事・口語記事の別による文体的な出現傾向に、各語について明らかな違いが見られた。ただ文語的な傾向を示す語については口語記事でも多用されているなど、必ずしも文末辞による口語・文語の別と一致していたわけではない。このことは、文末辞だけでなく程度副詞類も、「文語」「口語」をさらに分類する上での、文体的な指標となりうることを示唆していると考えられる。また、「文語」から「口語」への大きな流れを背景として、文語的な語、あるいは古くからある語が継続して用いられながらも勢いが停滞しつつある傍ら、「ひじょうに」や「たいへん」といった、口語的で汎用性の高い副詞の使用が拡大しつつある様子が見られた。

Degree adverbs used in the texts contained in the corpora of two journals, Taiyo (published from 1895 to 1928) and Meiroku-Zassi (published from 1874 to 1875), are classified into two types: colloquial type (e.g. zuibun, yohodo, daibu 'pretty', taihen, hidoku, taiso 'very') and literary type (e.g. oini, hanahada, sukoburu 'very'). The stylistic value of a sentence is generally defined by the sentence final form, but in Taiyo and Meiroku-Zassi, many adverbs of the literary type were used in the sentences which are defined as colloquial by the sentence final forms. This implies that degree adverbs also should be regarded as indices of stylistic value. Based on this view, this paper illustrates the change that colloquial degree adverbs of the colloquial type, especially those which were less restrictive in use such as hijoni and taihen, became to be more used and degree adverbs of the literal type were gradually less used.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 11(2), 33-49, 2015

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009988715
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    026295461
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ