漢語サ変動詞に見る近代語と現代語 : コーパスを通しての考察(<特集>近代語研究の今とこれから) Continuity and Discontinuity between Early-Modern Japanese and Modern Japanese Observed in Sino-Japanese Verbs : A Corpus-based Analysis(<Special Issue>Current Topics and Prospects in the Study of Modern Japanese)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,近代語として「明六雑誌コーパス」(「明六」),現代語として「自作の「読売新聞2000年データベース」」(「読売」)を取り上げ,コーパスベースで比較した。まず,「明六」にのみ用例があるものを「読売」(および拡張して「現代語」)と比較し,現代語にも用例があるものと,現代語には用例がないものに分けた。次に,「明六」と「読売」の中間に位置するものとして「太陽コーパス」を取り上げ,三者の間での移行関係を考察した。特に,「自他」について詳しく考察した。その結果,「明六」で他動詞であるものは,その後自他についてかなり安定しているのに対し,「明六」で自動詞であるものは,その後自他が変化する割合が相対的に高いことなどがわかった。

In this paper, focusing mainly on the transitivity of Sino-Japanese verbs, we compared early-modern Japanese and modern Japanese based on the data of two corpora. We chose the Meiroku Zasshi Corpus (Meiroku) to represent early-modern Japanese and the Yomiuri Shimbun Corpus (Yomiuri) to represent modern Japanese. First, we classified Sino-Japanese verbs that appear in Meiroku into two groups: those that also appear in Yomiuri and those that do not. Next, we investigated changes from early-modern to modern Japanese by way of comparison with the Taiyo Corpus (Taiyo), which covers the middle and later years of early-modern Japanese, using it as an intermediate stage between Meiroku and Yomiuri. Among other findings, we found that the transitivity of a verb was less likely to change from early-modern to modern Japanese if the verb was transitive in Meiroku than if it was intransitive.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 11(2), 86-100, 2015

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009988718
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    026295710
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ