日本における摂食障害 : 米国との比較 Eating Disorders in Japan : A Comparison with The USA

Access this Article

Abstract

近年、日本においてメタボリックシンドロームの患者数は増加する一方で、若い女性のやせの増加がうかがえる。日本における摂食障害の発症頻度は1990年代後半から急激に増加し欧米の国々と肩を並べてきている。しかし、欧米のように、日本ではここ10年間のきちんとした全国的な疫学調査がなされていない。また、日本では管理栄養士が介入した摂食障害の栄養指導はあまり行われてないのが現状である。これまでに米国の摂食障害の状況や摂食障害治療における米国の管理栄養士の役割と日本の現状を比較した論文は見当たらない。したがって、アメリカ合衆国と比較しながら、日本の摂食障害の現状をまとめた。その結果、管理栄養士が摂食障害治療チームに加わり栄養療法を行えるように、正確な実態を把握するための全国的な調査の必要性および摂食障害治療における栄養療法の重要性を示し、管理栄養士の役割を見出した。

Although the number of patients with metabolic syndrome has been increasing recently, young females are still more likely to become thin. The incidence rate of eating disorders has been increasing rapidly since the late 1990's and growing closer to that of Western countries. In contrast to the Western countries we looked at in our study, there has been no national epidemiological survey in the past 10 years in Japan. Additionally, it is still not common that registered dietitians join in treatment of eating disorders and provide nutrition therapy in Japan. Thus, this paper gave the outline of eating disorders in Japan by summarizing and comparing with the situation in the United States. This study revealed the importance of large national epidemiological surveys, medical nutrition therapy, and the role of registered dietitians in order to encourage registered dietitians to provide nutrition therapy by joining the teams treating eating disorders.

Journal

  • 東京農業大学農学集報

    東京農業大学農学集報 60(3), 169-177, 2015-12

    東京農業大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009994795
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00164184
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0375-9202
  • NDL Article ID
    027030593
  • NDL Call No.
    Z18-552
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR  JASI 
Page Top