I promessi sposiの歴史叙述 : マンゾーニの引用の技法  [in Japanese] Historiography in I promessi sposi : Manzoni's technique of quotation  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

マンゾーニの歴史小説I promessi sposiにおいて架空の「発見された手稿」を典拠として語られる創作部分は,体裁の上では,本物の史料をもとに記述される歴史叙述部分と同じく,「事実の報告」である。こうした語りの体裁により,創作部分と歴史部分とが滑らかにつながるのであり,I promessi sposiの語りの手法に関する研究は,両部分の形式上の共通点を強調する傾向にある。しかし,それはあくまで表面上の一致である。本論文では,「歴史叙述」に特有の形式的特徴が見られるか,そして特に史料が効果的に引用されているかという観点から,両部分を詳しく比較する。それによって,歴史部分にマンゾーニの歴史家としての技量が発揮されている一方で,創作部分では「歴史叙述」の形式の模倣が不十分であることが明らかとなる。

Journal

  • Kyoto Sangyo University essays. Humanities series

    Kyoto Sangyo University essays. Humanities series (48), 193-214, 2015-03

    Kyoto Sangyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009995250
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0006019X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0287-9727
  • NDL Article ID
    026312353
  • NDL Call No.
    Z22-1677
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top