ディスカバリサービスにおける絞り込みプロセス : 国立国会図書館サーチのアクセスログ分析  [in Japanese] Refining search process of discovery service users : usage log analysis of NDL Search  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では国立国会図書館サーチのアクセスログに基づき,利用者の簡易検索,詳細検索,ファセット検索の利用状況を分析した。その目的は「シンプルなキーワードでざっくり検索してから,検索結果をさまざまな機能で絞り込む」というディスカバリサービスの想定利用スタイルと実態の合致状況の検証である。結果から,8割以上の利用者がまず簡易検索を用い,そのさらに約8割が1語による検索であること,簡易検索を行った利用者が検索結果を絞り込む場合,ファセット検索等の絞り込みのための機能を利用する場合が多いこと等を確認した。

Journal

  • The Library World

    The Library World 67(4), 244-261, 2015

    Nippon Association for Librarianship

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110010000743
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00173287
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0040-9669
  • NDL Article ID
    026829818
  • NDL Call No.
    Z21-131
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top