2PD2 人間関係のトラブルを目撃した場合の行動選択に関する教育実践と評価(2) : レスポンス・システムを用いた短縮版プログラムの検討(学習評価,一般研究,教育情報と人材育成~未来を育む子供たちのために~)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究は,レスポンス・システムを用いて,人間関係のトラブルを目撃した場合に周囲の人が選択する行動を知ることを通して,自分の行動選択をより広く深く考えるための教育プログラムを実践し,その評価を行うことを目的としている。一連発表(2)では,今後,一連発表(1)の教育プログラムを中高生対象として50分授業で実施するために,一連発表(1)のプログラムを一部変更し,大学生9名を対象として実践と評価を行った。その結果,一連発表(1)と同様にレスポンス・システムの利用は好評であったが,ワークシートを用いた作業が単調であるという指摘や,教示の改善点についての示唆などが得られた。本研究の評価を踏まえて,最終的に50分授業用の教育プログラムの検討を行い、2つの授業案を提案した。

Journal

  • 年会論文集

    年会論文集 (31), 286-287, 2015

    日本教育情報学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110010010972
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11400083
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top