再利用に向けた板倉構法による応急仮設住宅の解体に関する研究  [in Japanese] Study on dismantling of wooden temporary housing built of dropping thick wood panels for reusing  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

東日本大震災から4年が経ち、供与期間終了後における応急仮設住宅の処分・再利用等が課題となっている。本研究では、福島県会津若松市の板倉構法による応急仮設住宅を復興公営住宅に転用する事業を対象とし、解体工事のプロセスを明らかにするとともに、部材の再利用率を検証することを目的として、仮設住宅の解体工事に関する調査を行った。ビデオカメラと調査シートを用いて解体工事を詳細に記録し、事業者に対して再利用に関する資料提供を依頼した。木造構造材の大部分は再利用可能であることが明らかとなった。一方で、1階の落としパネルの破損率は33.4%だった。また、外壁竪羽目板の破損率は最も高く、約6割の破損が生じた。

The object case of this study is a project of wooden temporary housing diverted to revival public housing in Aizuwakamatsu, Fukushima Prefecture. In order to verify the rate of reused timber to revival public housing, the research was mainly conducted with in-depth recording of the demolition process on the site and research sheets to responsible person for an enterprise. In conclusion, the result clarified that it is possible to reuse most of structural timber in temporary housing. On the other hand, the breakage rate of wood panels in 1st floor was 33.4%. In addition, the highest breakage rate was in outer thin wood wall, which was approximately 60%.

Journal

  • 人間-生活環境系シンポジウム報告集 = Proceedings of Symposium on Human-Environment System

    人間-生活環境系シンポジウム報告集 = Proceedings of Symposium on Human-Environment System 39, 161-164, 2015-11-20

    人間-生活環境系シンポジウム実行委員会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110010011544
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10498594
  • Text Lang
    JPN
  • NDL Article ID
    027537024
  • NDL Call No.
    Z43-2325
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top