情況証拠による事実認定の適正化のために : 不確実な間接事実の証拠排除と適切な経験則の利用 Higher Level Scrutiny of Circumstantial Evidence:Toward Prevention of Unfounded Factual

この論文にアクセスする

この論文をさがす

収録刊行物

  • 白鴎大学法科大学院紀要 = Hakuoh law review

    白鴎大学法科大学院紀要 = Hakuoh law review (9), 73-106, 2015-12-01

    白鴎大学大学院法務研究科

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010012285
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12288309
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18824277
  • NDL 記事登録ID
    027670467
  • NDL 請求記号
    Z71-V215
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ