歴史認識と日韓の「和解」への道(その3) : 文献研究から1905年「韓国保護条約(?)」の無効性を問う Historical Recognition and a Way Towards the Japan-Korea Reconcilation (Part 3) : Studies of Documents Reveal that the 1905 'Protectrate Treaty' is null and void ab initio

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 龍谷法学

    龍谷法学 48(3), 1165-1207, 2016-01-29

    龍谷大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010016864
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00251121
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02864258
  • NDL 記事登録ID
    027305919
  • NDL 請求記号
    Z2-330
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ