幼児のゲーム遊びに生じる「ずる」の実態と仲間との相互交渉による意識の変容 The Nature of "Cheating" Arising in the Game Playing of Young Children and the Transformation of Consciousness Arising from Mutual Interactions with Friends :

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的はゲーム遊びで生起した「ずる」の場面に着目し,「ずる」が継続的に観察された幼児の行動記録から行動の変容プロセスを明らかにした。その際,他者との相互交渉が幼児の意識及び行動の変容を促す要因と繋がっているのかについて検討した。結果,(1)望んだ状況にするための「ずる」が一定期間繰り返されることによって周囲が疑問を抱くようになる,(2)周囲の幼児が「ずる」に対して疑問や不満を抱き,指摘するようになる,(3)「ずる」を行う幼児が指摘を受け,自身の行動の意味や結果について考える機会を得る,(4)突然変化するものではなく徐々に変容していく,という4つの段階を経ていることが明らかとなった。

This research focused on "cheating" arising in a game with rules, and elucidated behavioral transformative processes from the behavioral records of young children who had been continuously observed to cheat. How mutual interaction is connected to primary factors that promote a transformation in the consciousness of the young children was examined. We observed that children experience the following four stages: (1) cheating to bring about a desired situation becomes suspected by surrounding young children due to repetition over a given period; (2) the surrounding young children question and feel discontent towards the cheating, and begin to point it out; (3) the cheater has this pointed out to them, and has the opportunity to consider the meaning and consequences of the actions; (4) the cheating behavior transforms gradually, not suddenly.

収録刊行物

  • 保育学研究

    保育学研究 53(3), 248-260, 2015

    一般社団法人 日本保育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010017051
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10378027
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9808
  • NDL 記事登録ID
    027013237
  • NDL 請求記号
    Z41-42
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ