オープンデータの動向とこれから(<特集>オープンデータ) Latest trend of "Open Data" and its Future(<Special feature>Open Data)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 庄司 昌彦 Shoji Masahiko
    • 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM) Center for Global Communications, International University of Japan

抄録

近年,公共財としてのデータを増やして幅広い活用を促す「オープンデータ」に関する政策と運動が世界的に広がり続けている。本稿ではまず,オープンデータとは何かという定義やそれを裏付けるための利用規約をめぐる議論を紹介する。そして,オープンデータに関する国際組織の動向や国内外の政府・自治体の政策動向,企業・市民社会組織における利活用の具体的事例を紹介する。最後に,インターネットの普及とともに広がってきた「オープンな文化」の社会的・文化的な意味などを述べ,オープンデータをめぐる議論をもっと社会的な文脈で捉えていく必要性があると指摘する。

In recent years, Open Data policies and movements continues to spread worldwide. This paper introduces the debates about the definitions of open data (especially the "Government of Japan Standard Terms and Conditions"), and latest policy trends of international organizations, Japanese governments and local governments. Some use cases of businesses and civil society organizations are also introduced. Finally, this paper argues social and cultural meaning of the power of "open culture", and also discusses its relations with open data.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 65(12), 496-502, 2015

    一般社団法人 情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010017352
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    026947371
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ