人文学資料オープンデータの可能性と現状 (特集 オープンデータ) The Possibilities and Challenges of Open Humanities Research Materials

この論文をさがす

著者

抄録

学術領域におけるオープンデータの活用に関する議論が盛り上がりを見せつつあるが,構造化データが扱われることの少ない人文学分野においては,必ずしもオープンデータの効用は明らかではない。本稿では,従来の文化資料デジタル化事業との対比から,人文学資料のオープンデータ化には(1)資料活用の多様化,(2)研究成果の再利用促進,(3)情報探索の効率化,といった意義があることを指摘する。続いて,国内外で提供される人文学資料のオープンデータ化事例を概観し,オープンデータを活用したアプリケーションの開発事例として拙作『近デジリーダー』を紹介する。最後に,人文学分野におけるオープンデータの普及に向けた諸課題を展望する。

Although the academic usage of open data has been widely discussed these days, it is still not clear how open data can contribute to humanistic studies, where structured data are hardly used. In contrast with the existing practice of digitization of humanistic resources, the author will point out that making the humanistic research materials available as open data can (1) diversify the use of research materials, (2) promotes the reuse of research results, and (3) optimize the information search utilizing linked data technologies. The author will also briefly review the major projects of open humanities resources, domestic or international, and several challenges that can potentially hinder the diffusion of open data in the field of humanistic studies in Japan.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 65(12), 525-530, 2015

    社団法人情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010017357
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    026947551
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ