国会会議録フルテキスト・データベースWeb API開発の背景とその利用状況分析 The Development Background and Usage Analysis of Web API for Full-text Database System for the Minutes of the Diet

この論文をさがす

著者

抄録

国会会議録検索システムでは,データの公開や利活用を促進する動きを背景に,2014年12月にWeb APIによる検索機能の提供を開始した。その開発背景を説明するとともに,Webサーバのアクセスログから2015年6月までの利用状況を分析した。その結果,まだ利用はそれほど多くないが,検索語を指定しての利用よりも期間だけを指定した利用が主であること,短期間の利用者が多いことから,データセットを収集することを目的とした利用が多いことが推察された。また,こうした利用状況や国会会議録を利用した過去の研究,本APIの特性から,日本語コーパスとしての活用や国会審議に関する計量的研究への活用が期待される点を示し,今後の国会会議録Web APIの利活用を展望した。

Web API for Full-text Database System for the Minutes of the Diet was launched on December, 2014. This study describes the development background of this API and reports the trends in use by analyzing the Web server logs up to June, 2015. The result shows; 1. The number of access is still small, 2. Many of the users are short-time users and tend to designate the time period rather than any search terms. We can conjecture that the API has been often utilized for the purpose of collecting some specific dataset. Finally, we set a future vision by suggesting the possible applications of the API to a corpus of Japanese or to the metrical study on Diet deliberations.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 65(12), 531-536, 2015

    社団法人情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010017358
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    026947582
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ