ホワイトスペースLTE方式のスケジューリングに関する一検討 (無線通信システム) -- (移動通信ワークショップ) A study of scheduling scheme on whitespace LTE

この論文をさがす

著者

抄録

ホワイトスペースLTE方式において,実トラフィック量に応じて動的に基地局と端末の双方の通信方式やパラメータを変更することでネットワークのキャパシティを向上させる手法を提案してきた.しかし,本手法は各ユーザへのリソースの分配までは考慮していないため,十分な性能を引き出すためにはLTE基地局のスケジューラが整合したリソース配分を行う必要がある.そこで本稿では,既存のProportional Fair方式をもとに各ユーザの実トラフィック量に合わせたリソースブロックの割り当てを行う改良方式を提案し,計算機シミュレーションによりその有効性を示す.

Spectrum We have studied an optimization scheme of the parameters, e.g. duplex mode and TDD up-link and down-link ratio, to implrove total network capacity based on the observation of actual traffic condition. But the scheme does not handle the allocation of eNB's resources to UEs, therefore we also need to design a LTE scheduler which works well harmonized to the optimization scheme. In this paper, we propose a modification of proportional fair scheduler to support a function to allocate resource blocks to UEs considering actual amount of packets to send by the UEs. Then the simulation results show the feasibility and sperior performance of the modified scheduler.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(490), 237-242, 2015-03-04

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010017809
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060822
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    026329065
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ