武道家としての心と体のクライシスマネジメント Crisis Management of Spirit and Body as Martial Artist

この論文にアクセスする

著者

抄録

リスクリテラシーとは,リスクに接する際に,その背景にまで考えを及ばせ,リスクの波及範囲を正確に見極め対処する力を備え,さらにリスクを予防する能力のことをいう.市民生活におけるリスクリテラシーにおいては,日常の生活における種々のリスクに加え,不期遭遇的なクライシス状況に対応する能力も求められている.そこで本稿ではリスクマネジメントの概念についてまず整理をし,さらにクライシス状況に対し準備すべき具体的事項について武道家として概説する.

Risk literacy is defined as the ability to deal with risks taking into consideration their background, combined with an ability to identify accurately the scope of their influence, and eventually to prevent risks from happening, As we consider risk literacy in public life, the ability to manage risks including unexpected crisis situation is also required in addition to the ability to cope with various threats in daily living. This paper first clarifies the concept of risk management and specific matters to be addressed in the crisis situation as a martial artist.

収録刊行物

  • バイオフィードバック研究

    バイオフィードバック研究 42(2), 99-104, 2015

    日本バイオフィードバック学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010017872
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0386-1856
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ