2-3 リチウムイオン二次電池の製品事故におけるトップ事象モードに着目した未然防止に関する一考察(セッション2「安全性,リスク(2)」)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

現代社会において注目されているエネルギー技術の一つとして,リチウムイオン二次電池(以下,LiB)が挙げられる.LiBは将来の社会構造の主役となる電気自動車や定置型蓄電設備に利用されるキーデバイスとしての期待も大きい.ところが現状では課題も多く,特に需要に比例して発煙・発火事故や,それに伴う火災の報告件数も増加している.中でもモバイルPCのバッテリー不具合による発煙・発火事故や,ボーイング社製787型機におけるバッテリーの不具合に関する事故は記憶に新しい.発煙・発火事故は物理的または人的損害を及ぼす火災につながるだけでなく,製品を開発・製造する企業側にも多大な損害を及ぼす.そのような社会的背景を踏まえ,本研究では事故の未然防止を目的とし,様々なLiB使用製品の不具合に対して共通する不具合の発生プロセスを検討する.報告されている197件の製品事故事例を品質管理の手法であるQC七つ道具や,信頼性工学における事故分析のフレームワークを用いて分析し,効果的な未然防止策のための提案を行う.

Journal

  • Proceeding of Symposium on Reliability

    Proceeding of Symposium on Reliability 2015Autumn.28(0), 49-52, 2015

    Reliability Engineering Association of Japan

Codes

Page Top