可逆データハイディングのための2次元変換係数ヒストグラム拡張手法 (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント)  [in Japanese] Two-Dimensional Coefficient Histogram Expansion Method for Reversible Data Hiding  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,2次元ウェーブレット変換係数ヒストグラムを利用した可逆データハイディング手法を提案する.本手法では,まず,整数ウェーブレット変換を用いて,原画像をウェーブレットサブバンドに分割する.次に,2つの高周波サブバンドにおける同じ座標に位置する2つの変換係数を1組と考え,その変換係数ペアの出現頻度を求めることで,2次元ウェーブレット変換係数ヒストグラムを作成する.本稿で利用する2次元ヒストグラムは2つのサブバンドから作成されるため,サブバンド間の関係を考慮して情報埋め込みが可能である.その結果,より効率的な情報埋め込みを実現できると考えられる.また,さらなる埋め込み効率の向上のために,情報埋め込みに利用する変換係数をあらかじめ選択する手法についても検討を行った.従来の1次元ヒストグラムを利用した手法との比較実験を行ったところ,埋め込み効率の向上を確認したので報告する.

In this paper, we propose a reversible data hiding method using a two-dimensional wavelet coefficient histogram. Firstly, an original image is decomposed into wavelet subbands by the invertible integer-to-integer wavelet transform. Then, the two-dimensional histogram is generated by counting the occurrence frequency of the wavelet coefficient pairs which denotes two wavelet coefficients located in the same position in the selected two sub-bands where the secret message is embedded. By using the two-dimensional histogram, the relationship between the selected subbands is more effectively utilized than the traditional ID histogram. Moreover, in order to improve the embedding efficiency, we propose the method to select the coefficients utilized in the data embedding step before the two-dimensional histogram generation. In the experiment, the proposed method is compared with the conventional methods in terms of the capacity-distortion curve.

Journal

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(511), 113-118, 2015-03-12

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110010021612
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12526316
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    026324490
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top