入出力デバイスまで含めたトータルクラウド化による情報環境の提案と試作 (マルチメディア・仮想環境基礎)  [in Japanese] Preliminary Design and Prototyping of Total Cloud Information Environment  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

情報技術の進展に伴い、知的活動を支援する情報環境が多数提案されている。情報環境は高度化され人間の知的活動を支援していると捉えられるが、増加した多数の情報を扱う入出力デバイスを最適に活用できているかどうか疑問である。そこで、現代の情報環境について分析し課題を指摘し、課題を解決するトータルクラウド情報環境を提案する。トータルクラウド情報環境とはいつでもどこでもクラウドからデータや機能(アプリケーション、サービス)だけでなく、入力デバイス、出力デバイスもクラウドから呼び出す環境である。その場で要求される知的活動に最適な入出力デバイスを組み合わせ、かつ、生成された環境を自然に使いこなす情報環境である。提案した情報環境の実現方法を述べ、分析を基に設計要件を導出し基本ソフトウェアアーキテクチャを設計し、リアル・バーチャル混合UIという新しい基本UIアーキテクチャを設計し提案した。設計を基に基本的なUIの実装を行い、実験を行い、有効性を確認した。

In this paper, We propose a next-generation information environment. Now information environment to support human intellectual activities has become worse than in the old days. For example, because the combination of input and output devices is impossible, intellectual activities are prevented. So,We propose a new next-generation information environment. And, We will organize and analyze the information environment to date. We also propose and analyze the architecture of the UI and basic softwares.

Journal

  • Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 114(487), 113-118, 2015-03-03

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110010022112
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10476092
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    026327302
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top