学校統廃合の円滑な実施に対するコミュニティ・スクール制度導入の成果 : 伝統校統合の事例から  [in Japanese] The Results of the Implementation of the Community School System, which help to bring about the Smooth Consolidation of Schools : A Case Study of the Unity of Traditional Elementary Schools  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年,少子高齢化による人口変動は著しく,全国的に学校統廃合が進んでいる。本研究では,伝統校の統廃合を機にコミュニティ・スクールに指定された小学校を事例に,統廃合における学校運営の実態や地域との関係の変容を明らかにした。統廃合の際,コミュニティ・スクール制度を導入し,枠組みが作られたことによって,学校,保護者,地域住民の3者が参画する場ができ,地域住民同士の相互理解が促進され,新しい学校づくりが円滑に進んだことが成果として挙げられる。少子化が進み,学校統廃合が避けられない中で,コミュニティ・スクールの指定は,学校と家庭・地域の結びつきを強め,統廃合の課題を緩和できる可能性がある。

Journal

  • Bulletin of Gifu Women's College

    Bulletin of Gifu Women's College (45), 97-108, 2016

    Gifu Women's University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110010022316
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0005314X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0286-8644
  • NDL Article ID
    027295838
  • NDL Call No.
    Z22-813
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top