IKAROSの科学観測機器 : 大面積惑星間塵検出アレイ(ALADDIN)(<特集>小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」 第15回)  [in Japanese] A Science Instrument Onboard IKAROS : Arrayed Large-Area Dust Detectors in Interplanetary Space(ALADDIN)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

将来のソーラー電力セイルの大面積膜面を活用したPVDFダスト検出器の宇宙実証と,内惑星領域のダスト分布を時間・空間分解能を格段に向上させて計測することを目的に,ALADDINは日本初の純国産ダスト計測器として,2010年にIKAROS探査機へ搭載された.ALADDINは16カ月にわたる地球〜金星軌道間のクルージング観測で約2800個のダスト衝突データを取得,うち400個以上は>10μmの大型ダストと推定された.現在までの科学成果を要約すると,(1)日心距離1〜0.7AU間の大型ダストフラックスの解明,(2)地球の周太陽ダストバンドの濃集域の計測から従来の標準モデルの限界を指摘,(3)金星の周太陽ダストバンドの検出とギャップ域の発見,が挙げられる.その実績と教訓は深宇宙だけでなく,地球周回衛星用の汎用軽量ダスト検出システムの可能性も切り拓く.

Journal

  • Aeronautical and Space Sciences Japan

    Aeronautical and Space Sciences Japan 64(2), 52-57, 2016

    THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110010039453
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00189072
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0021-4663
  • NDL Article ID
    027091603
  • NDL Call No.
    Z16-436
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top