過類(jati)をめぐって(第66回学術大会パネル発表報告):―ディグナーガに至るvadaの伝統の解明への一視点―  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

過去20年間にオーストリア科学アカデミーと中国蔵学研究中心,わが国の桂紹隆教授グループによるジネーンドラブッディ(8th c.)のPramanasamuccayatika(=PST)梵文写本の研究が進み,ディグナーガ(ca. 480-540)の論理学の実像と5世紀以前の認識論・論理学の諸相を従来より明確に記述する道が開けてきた.本パネルでは,PST梵文写本の第6(「過類(=誤難)」章の校訂に従事した3人の研究者が研究の最新成果を紹介し,ディグナーガの誤難論の全体像を解明するとともに,ディグナーガ以前の討論術・論理学の伝統がディグナーガの体系に取り込まれてゆく道筋の検討を通してvadaの思想史の解明に新たな一視点を提供することを試みる.

Journal

  • Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)

    Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu) 64(2), 769-768, 2016

    The Japanese Association of Indian and Buddhist Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110010047762
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00018579
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0019-4344
  • Data Source
    NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top