改訂Cognitive Fusion Questionnaire 13項目版および7項目版の妥当性の検討 Validation of the Japanese Version of the Cognitive Fusion Questionnaire : The 13-Item Content Revised Version and the 7-Item Version

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は、思考内容と現実を混同する「認知的フュージョン」を測定する質問紙である、改訂CFQ13項目版および7項目版の信頼性と妥当性の検討を目的とした。大学生対象の調査の結果、13項目版は改定前同様に2因子構造を示し、7項目版は原版同様に1因子構造を示した。項目分析の結果、各下位尺度は個別に扱うことが適切であると判断された。これまでは第1下位尺度が認知的フュージョン、第2下位尺度が認知的フュージョンから抜け出す「脱フュージョン」に相当するとされてきたが、本研究の結果、第2下位尺度は脱フュージョンの機能の一部に相当する可能性が示唆されたため、第1下位尺度および7項目版を「認知的フュージョン」、第2下位尺度を脱フュージョンの機能の一部としての「自己と思考の弁別」とみなすことが適切である。そして今後は、外顕的な行動指標との関連も検討することで、別の側面から妥当性の有無を確認する方法も必要であると考えられる。

This study investigated the validation of the Japanese version of the 13-item Cognitive Fusion Questionnaire (CFQ) whose content was revised and the 7-item CFQ. Results of a survey of university students showed that the revised CFQ-13 reflects a two-factor structure, whereas the CFQ-7 reflects a one-factor structure similar to the previous study. Results of item analysis showed that treating each factor independently is appropriate. It was previously assumed that the two structures corresponded to "cognitive fusion" (Factor I) and "cognitive defusion" getting out of cognitive fusion (Factor II), respectively. However, results showed that Factor II corresponds to "a component of the function of defusion." Therefore, Factor I or the CFQ-7 is equivalent to cognitive fusion, and Factor II is appropriate to measure a part of defusion that is "the discrimination of self and thought." Moreover, the CFQ-13 requires an additional and different validation strategy by investigating the relationship with overt behavioral measurements in future studies.

収録刊行物

  • 行動療法研究

    行動療法研究 42(1), 73-83, 2016-01-31

    一般社団法人日本認知・行動療法学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010047900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084471
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09106529
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ