音の物理特性と擬音語表記 : 純音を表す擬音語  [in Japanese] Physical characteristics of sound and onomatopoeic expressions in Japanese : Expressions for pure tones  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

実際に聞こえる音の物理的特徴とそれを表す擬音語の関係について,400名あまりの被験者へのアンケートを基に分析した。初めに複雑な音として「鉄腕アトムの足音」を使って回答の多様性と共通性を示し,次に単純な音として62.5Hz,500Hz,4kHzの純音を提示し,擬音語で表記させる調査を行った。純音に対しても,回答は非常に多様ではあったが,使う子音,母音,語尾の文字などに注目すればどれも半数を超える表記が存在し,周波数ごとに代表的な擬音語を選ぶことが可能であることを示した。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 72(3), 105-114, 2016

    Acoustical Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110010048540
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    027149407
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top