内部告発に係る事実を付した告発状の真実相当性と内部告発の目的・手段の妥当性 : 王子製紙事件・東京地判平成28年1月14日労働判例ジャーナル49号22頁 A Study of the Court Judgment on the Validity of the Whistle-blowing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿は、世間の耳目を集めた大王製紙事件東京地裁判決をもとにしながら、内部告発に関する事実を記した告発状の真実相当性の判断、及び内部告発の目的・手段における妥当性判断について具体的に論及するものである。上記の争点に係る論及にあたって、公益通報者保護制度の意義と限界について触れつつ、消費者と労働者における生活を連環的に捉えて、生活者法の提起もしている。It is instructive to examine the validity of the whistleblower. In this paper, we considerthe decision of the recent court case, what if it can be said that the whistleblower is legal,promote research about. And, this problem is, in fact, the Whistleblower Protection Actmust protect the whistleblower. This point is important.

収録刊行物

  • 尚美学園大学総合政策論集 = Shobi journal of policy studies, Shobi University

    尚美学園大学総合政策論集 = Shobi journal of policy studies, Shobi University 22, 95-106, 2016-06-30

    尚美学園大学総合政策学部総合政策学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110010059755
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12006349
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13497049
  • NDL 記事登録ID
    027634073
  • NDL 請求記号
    Z71-M997
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ