都市圏設定に関する一考察--日本・アメリカ合衆国・英国の定義を比較する Toshiken settei ni kansuru ichikosatsu : Nihon Amerika gasshukoku Eikoku no teigi o hikakusuru

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

1 最初に2 米国の都市圏定義2-1 標準大都市圏(Standard Metropolitan Statistical Area, SMSA)2-2 Core Based Statistical Area(CBSA)3 英国の都市圏定義3-1  標準大都市労働圏(Standard Metopolitan Labour Areas, SMLA)と    大都市経済労働圏(Metropolitan Economic Labour Area, MELA)3-2  Hall and Hay (1980)の機能的都市圏域(Functional Urban Regions, FUR)3-3 地方労働市場圏(Local Labour Market Area, LLMA)4 日本の都市圏定義4-1 大都市圏・都市圏4-2 地域経済クラスター(Regional Economic Cluster, REC)と川嶋の機能的都市地域(Functional Urban Region, FUR)4-3 標準都市雇用圏(Standard Metropolitan Employment Area, SMEA)4-4 日本機能的都市圏(Japanese Functional Urban Area, JFUA)4-5 都市雇用圏(Urban Employment Area, UEA)5 終わりに―今後の方向性―

収録刊行物

  • 慶応義塾大学日吉紀要 社会科学

    慶応義塾大学日吉紀要 社会科学 (16), 15-28, 2005

    慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120000801375
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10425830
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13425390
  • NDL 記事登録ID
    8532712
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-4040
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ