カロリ病モデルPCKラットからの肝内胆管上皮細胞の単離,培養ならびにその生物学的特性の検討 : 細胞増殖活性および細胞増殖関連遺伝子発現を中心に  [in Japanese] Isolation,culturing,and characterization of intrahepatic biliary epithelial cells from a PCK rat, a novel animal model of caroli's disease,with an emphasis on cell proliferation activity and expression of cell proliferation-related genes  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

金沢大学大学院医学系研究科がん医科学専攻形態機能病理学カロリ病モデル多発嚢胞腎(PCK)ラットから肝内胆管上皮細胞を単離して培養し,細胞増殖活性と遺伝子発現を調査し生物学的特性について検討した.対照はSpargue-Dawley系ラットである.PCKラットの細胞は,倍加時間が対照ラットより短く増殖活性が高かった.DNAマイクロアレイにより,細胞の増殖シグナルおよび増殖抑制シグナル伝達に影響する遺伝子の発現は,対照ラットよりPCKラットの方が亢進していた.以上より,PCKラットでは,肝内胆管拡張の発生に,遺伝子レベルの細胞増殖制御の不調和による胆管上皮細胞の異常増殖が関与していると考えられた原著論文

Journal

  • Journal of the Juzen Medical Society

    Journal of the Juzen Medical Society 111(2/3), 162-172, 2002-06

    Kanazawa University

References:  42

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120000812044
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00044397
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    00227226
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  IR 
Page Top