〈プロジェクト研究〉21世紀に生きる子どもたちと学ぶ「アジアの中の日本」 : 中高一貫の新しい社会科・地歴公民科教育を創造する中で <Project research>Japan in Asia : the New Way of Learning with the Students in 21st Century

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

日露戦争後の日本と世界の関わりをあつかった授業の紹介である。日露戦争における日本勝利が各地の民族独立運動に大きな影響を与えたことを導入として、ベトナムの「東遊運動」とそれに対するフランス政府の要求、日本政府の対応を取り上げた。日本と帝国主義の世界体制の関わりをとらえることをねらいとしている。後半には、この授業をどのような問題意識にもとづいて構想し、何をねらいとしたか、その成果と課題をどう受けとめているかを記した。

収録刊行物

  • 筑波大学附属駒場論集

    筑波大学附属駒場論集 40, 23-33, 2001-03

    筑波大学附属駒場中・高等学校研究部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120000838053
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11931228
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    13470817
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ