川田貞治郎の「教育的治療学」におけるビネ知能検査の導入と役割--大正期のアメリカ滞在から昭和前期の藤倉学園創設後を中心として <Original Articles>The Way of Introduction and Use of the "Binet Intelligence Scale" on Teijio Kawada's "Educational Therapy" for Individuals with Mental Retardation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

1919(大正8)年に藤倉学園を創設した川田貞治郎は、藤倉学園創設以前の1916(大正5)~1918(大正7)年の約2年半、アメリカ合衆国でアメリカ精神薄弱施設における教育と保護の方法を習得した。彼は、H.H.ゴダードが研究部門長を務めるヴァインランド精神薄弱者施設において、ビネ知能検査の精神年齢とIQを用いた精神薄弱分類基準を習得し、それを「児童研究」に発表した。藤倉学園創設後、彼は、ビネ知能検査を実施し、精神年齢とIQを用いた精神薄弱分類基準を「教育的治療学」の体系に盛り込むこととなる。「教育的治療学」でのビネ知能検査の使用目的は、対象児の選定と精神薄弱の程度と分類であり、検査結果は、精神薄弱の知能の程度を把握する基準として用いられた。また、ビネ知能検査では把握できない知能、たとえば注意力と反応力などについては、教育的治療学の「心練」が使用された。

収録刊行物

  • 心身障害学研究

    心身障害学研究 29, 99-108, 2005-03

    筑波大学心身障害学系

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120000843666
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00121658
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02851318
  • NDL 記事登録ID
    7349298
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1307
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ