発達障害者における相互援助行動の形成に関する研究--条件性弁別の枠組みを用いた予備的検討 <Original Articles>Formation of Mutual Helping Behaviors in Persons with Developmental Disabilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究では、2名の発達障害者(S1,S2)を対象に、援助行動の形成という文脈の中で、以前の被援助経験が対象者の反応にどのような影響を与えるのかについて検討した。研究1では、S1が作業中であるとき、常に援助してくれた他者(他者A)、あるいは援助をしてくれなかった他者(他者B)に対して、逆に他者が作業中であるときに、S1がどういう反応を示すかを測定し、他者Aを援助する反応が生起するための環境条件を検討した。その結果、2名の他者がS1の目前で同時に作業をしている条件においては、明確な援助要請がなくても、S1は他者Aを援助した。研究2では、2名の他者が同時に作業をしている条件においても、いわゆる位置への「こだわり」によって、援助する他者を選択していたS2を対象とした。そして、常にS2を援助してくれた他者Aを選択する反応が生起するために必要な訓練変数について検討した。その結果、S2に自分を援助してくれた人は誰であったかを尋ね、応答させることにより、このことは可能となった。

収録刊行物

  • 心身障害学研究

    心身障害学研究 25, 1-12, 2001-03

    筑波大学心身障害学系

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120000843763
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00121658
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02851318
  • NDL 記事登録ID
    5718093
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1307
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ