労働価値観測定尺度の因子的妥当性に関する検討 <論文> A study for factorial validity of the Work Values Scale.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿は,我々が開発を進めている労働価値観測定尺度の因子的妥当性について,構造方程式モデリングによる検討を行ったものである。4つの研究において720名の被調査者を対象に労働価値観についての調査を行い,636名のデータを分析に用いた。これまでに行ってきた理論的検討と探索的因子分析,二次因子分析の結果に基づき,5つのモデルについて検討した。検証的因子分析を行った結果,7因子間に相関関係を想定したモデルが最も高い適合度を示し,高次因子を想定したモデルはほぼ同等の適合度であったが不適解が生じた。不通解の原因について検討したところ,年代による違いから生じる標本変動がその一因と考えられた。したがって,高次因子を想定したモデルの妥当性について検討を続ける。Using structural equation modeling, this paper examined the factorial validity of Work Values Scale which we were currently in the process of developing. We analyzed the data of 636 subjects after having conducted four surveys on work values among 720 subjects. We constructed five models of work values based on theoretical examination, exploratory factor analysis, and second-order factor analysis. The results of confirmatory factor analysis of them demonstrated that the one we assumed correlation between seven factors produced highest goodness of fit, and that the one we expected higher-order factors was good as well yet with improper solutions. Examination of the improper solutions suggested the sample fluctuation due to the difference of the age groups might be the cause. Therefore we need to continue to examine its validity.

収録刊行物

  • 広島大学マネジメント研究

    広島大学マネジメント研究 (7), 37-47, 2007-03-22

    広島大学マネジメント学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120000875097
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11658355
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    1346-4086
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ