心内辞書研究における語彙間の結びつき  [in Japanese] Methodological considerations of mental lexicon research: focusing on representational links among lexical entries  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本論文は、英語学習者個々人が持つ目標言語の心内辞書における語彙ネットワーク構造を視覚的に提示することにより語彙学習を支援するツール開発を目的としたプロジェクトのための理論的基礎研究である。まず、心内辞書の構造についての主要なモデルを概説した後、意味・音韻/書記素・統語の各層において、(1)ある(サブ)ネットワークがどのようにして構成され、新規メンバーとなる語彙がどのようにそのネットワークに取り込まれるのか、という点、及び、(2)メンバーとなる個々の語彙間にある(心理的な)結びつきの強さがどのように決定され、それがどのように測定可能であるのか、という点に関して考察を行う。更に、得られた知見より本プロジェクト全体の方向性を示し、語彙ネットワーク構造の三次元モデル化のための検討課題を確認する。

Journal

  • Hiroshima studies in language and language education

    Hiroshima studies in language and language education (11), 133-151, 2008

    広島大学外国語教育研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120000877729
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11424332
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13470892
  • NDL Article ID
    9553024
  • NDL Source Classification
    ZK31(言語・文学--外国語・外国文学)
  • NDL Call No.
    Z71-G156
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top