全国物価統計調査における分位点推定値の標本誤差の検討  [in Japanese] A study on the sampling errors of quantile estimates in national survey of prices  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,Funaoka, Saigo, Sitter, and Toida(2006)が考案した層別多段抽出のためのベルヌーイ・ブートストラップ法(BBE)を利用し,平成9年,14年全国物価統計調査における,分位点推定値の標準誤差の推定を行った。本稿で行った計算から,分位点推定値の標準誤差は非常に小さく推定精度は高いこと,および,平成9年,14年の間で推定精度に大きな変化はないことが示された。

Journal

  • Journal of social and information studies

    Journal of social and information studies 15, 133-141, 2008

    群馬大学社会情報学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120000908527
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10477040
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13468812
  • NDL Article ID
    9434821
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-B124
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top