文化審議会の答申と敬語教育  [in Japanese] On the guideline for honorific education in the report of Japanese language council  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2007年2月に文化庁文化審議会国語分科会が「敬語の指針」(答申)を発表した。その内容を手がかりにしながら、従来の敬語教育について再検討し、今後の敬語教育についての留意点や方向性について、考察検討を加えたものである。現時点での教育現場、特に教科書における敬語教育の内容を比較検討し、現状での課題を提示した。また、日本語学分野における敬語論をふまえて考察してみた結果、今後の敬語教育の方向性として、従来の絶対敬語としての敬語教育から、相対敬語、つまり他者への配慮としてのコミュニケーション重視の敬語教育への転換期にあることを論じた。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University

    Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University (99), 1-7, 2008-03

    弘前大学教育学部

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120000917283
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00211590
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    04391713
  • NDL Article ID
    9482988
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z22-83
  • Data Source
    CJPref  NDL  IR 
Page Top