男女混合名簿採用校と未採用校における学校生活に対する児童と保護者のジェンダー平等意識  [in Japanese] A case study of the gender equality awareness of children and guardians as related school life in schools with/without the use of ambidextrous list  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年、学校における男女混合名簿の採用率は総じて増加傾向にある。しかし、男女混合名簿は児童生徒への教育的効果が明示されにくいことや、健康診断では別名簿を使用するなどの事務的な煩雑さのため、採用を躊躇する学校もある。そこで、本研究では、混合名簿採用校と未採用校における学校生活に対する児童とその保護者のジェンダー平等意識を調査し、名簿が児童や保護者に与えた影響を探ることを目的とした。 その結果、児童の意識は、採用校の方が未採用校より有意に「敏感」となり、採用校の児童は混合名簿を肯定的に受け止めていることがうかがえた。保護者の意識は、未採用校の方が採用校より有意に「敏感」となった。児童と保護者の意識の関連をみたところ、採用校の方が児童の意識が保護者のそれより「敏感」なケースが多くみられた。また、採用校では保護者が「敏感」で児童が「鈍感」の組み合わせはなかった。これらのことより、採用校における児童の意識には混合名簿が影響を及ぼしている可能性が示唆された。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University

    Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University (99), 117-124, 2008-03

    弘前大学教育学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120000917294
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00211590
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    04391713
  • NDL Article ID
    9483373
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z22-83
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top