小・中・高一貫社会科における授業構成の基本原理--オハイオ州における各学校段階のレッスンプランを比較分析して  [in Japanese] A methodology of designing K-12 social studies lessons: through analyzing lesson plans at the elementary, junior high and senior high school levels in Ohio  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は,オハイオ州の社会科スタンダードに基づく小・中・高の授業を比較分析し,学校(学年)段階の上昇に応じた授業構成の基本原理を抽出することである。分析の結果,学校(学年)段階が上がるにつれて,社会科授業が,既存の社会に適応するための資質を育成することから,それを批判吟味し作りかえるための資質を育成するようにシフトしていることがわかった。すなわち,社会化から対抗社会化へ,ということが明確になった。そして,それを具体化するための方法論を,以下のように導いた。(1)学校(学年)段階の上昇に応じて,授業を,事実学習→解釈・理論学習→価値・思想学習へと発展させる。(2)その具体的なアプローチとして,自己との関係で事実を捉える→対象化してその解釈・理論を構築し,他者と批判吟味する→対立的な価値・思想を踏まえてあらためて現実を問い直し,自己が社会に参画する方法を探る,という段階性を設ける。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University

    Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University (100), 17-26, 2008-10

    弘前大学教育学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120000917611
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00211590
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    04391713
  • NDL Article ID
    9675729
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z22-83
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top