実数演算を用いた非再帰的な擬似乱数生成の整数演算化  [in Japanese] Integralization of a non-recursive pseudo-random number generator based on floating point computations  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

カオス写像の繰り返しにより、非再帰的に擬似乱数を生成する実数シフト法は、本質的に浮動小数点演算を用いているため、計算機システムに依存して微妙に異なる乱数値を生成することがある。本研究は、実数シフト乱数生成メカニズムの核心部分を64ビット整数の乗算とシフトによるアルゴリズムで実現し、実数シフト法の完全整数演算化を行ったものである。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Education, Mie University

    Bulletin of the Faculty of Education, Mie University 58, 5-11, 2007

    三重大学教育学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120000947461
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12097333
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    18802419
  • NDL Article ID
    8796965
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-209
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top