「こころの病」に対する態度の変容に関する研究--説得的コミュニケーションの視点から

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は、精神病に対する否定的態度の変容における説得的コミュニケーションの効果的なあり方を、「メッセージの要因」と「受け手の要因」に着目して検証することである。実験は、メッセージの内容(認知ベース・感情ベース)、メッセージの構成(一面呈示・両面呈示)、被験者の初期態度の強さ(強・弱)、被験者の性格特性(外向性・内向性)を操作して行った。4種類のメッセージ(認知ベース・感情ベース×一面呈示・両面呈示)を作成し、279名の被験者に呈示したところ、認知ベースと一面呈示のメッセージのほうがそれぞれ感情ベース、両面呈示のメッセージよりも態度変容において効果的に作用したことが示されたほか、否定的態度の強いものほど態度変容量も多くなるという傾向が示された。これらの結果から、精神病に対する否定的態度の変容を目的とした説得的コミュニケーションは、その内容や構成、及び被験者の初期態度の影響を受けることが示唆され、効果的な「偏見改善法」開発のためには、これらの要因を考慮する必要があることが示された。

収録刊行物

  • 三重大学教育学部研究紀要

    三重大学教育学部研究紀要 56, 289-302, 2005

    三重大学教育学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120000948298
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12097333
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18802419
  • NDL 記事登録ID
    7345379
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-209
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ