科学哲学からみた「知的設計」説 (特集:宗教と現代科学) The "Intelligent Design" Theory from the Perspective the Philosophy of Science

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では科学哲学から知的設計論 (ID) 論がどう理解できるかを科学史の知見をふまえながら検討する。ID論と類似した自然神学の立場は19世紀には十分科学的であったが、その後ダーウィニズムの登場とともに放棄された。ポパーら主要な科学哲学者の線引き問題に関する立場から検討しても、現在のID論を科学とみなすのは難しい。

収録刊行物

  • 日本の科学者

    日本の科学者 41(11), 580-585, 2006-11

    日本科学者会議

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120000974000
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196238
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    00290335
  • NDL 記事登録ID
    8536758
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-169
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ