『学問のすすめ』と『文明論之概略』 (特集 慶應義塾創立百五十年・慶應義塾福沢研究センター開設二十五年) "Encouragement of learning" and "An outline of a theory of civilization"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

特集:慶應義塾創立百五十年・慶應義塾福沢研究センター開設二十五年はじめに一. 『文明』の基本プランを構想する : 明治七年一月から三月二. 学者職分論・赤穂不義士論・楠公権助論、批判を受ける : 明治七年四月から八月三. 楠公権助論批判を受けて、『文明』草稿を書き換える : 明治七年九・十月四. 楠公権助論、大槻磐渓により擁護される : 明治七年十月五. 『文明』において楠公権助論批判などに応答する : 明治七年十一・十二月六. 『文明』第八・九・十章を年明けに執筆する : 明治八年一月から二月七. 『文明』第十章「自国の独立を論ず」はなぜ書かれたのか : 明治八年一月おわりに

収録刊行物

  • 近代日本研究

    近代日本研究 (25), 97-123, 2008

    慶應義塾福沢研究センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120001017828
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005325
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09114181
  • NDL 記事登録ID
    9713138
  • NDL 雑誌分類
    ZG6(歴史・地理--日本)
  • NDL 請求記号
    Z8-2479
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ