フード・マイレージの空間均衡分析  [in Japanese] A spatial equilibrium analysis of food mileage  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年、フード・マイレージという概念が、食料生産と環境問題あるいは食料の安全・安心問題とを結びつける指標として、注目を浴びている。フード・マイレージは、食料の生産地から消費地までの輸送距離と輸送される食料の重量を乗ずることにより求められる数値であり、この値が大きいということは、様々な地域から多種多様の食料が運ばれてくることを意味し、消費地における豊かな食生活の実現を表している。しかしながら、それは同時に、以下の3つの負の側面を示唆するものである。第1は、輸送に費やされるエネルギーの増大である。これは、生産・消費・廃棄あるいは貨物輸送による二酸化炭素の排出量の増加を意味し、環境への負荷の増大に結びつく。第2は、流通の広域化である。これは、ポストハーベスト等の食料にかかわるリスクの増大につながる。第3は、輸送ルートの複雑化である。これは、トレーサビリティの観点から、食の流通ルートの管理を困難にし、食に対する不安感の増大に結びつく。フード・マイレージを計測することは、食料に関わる以上の問題を分析するための1つの方法として、重要な意義がある。本研究では以下の2点を分析の課題とする。第1は、政策の変更による各地域間の食料の輸送量の変化を計測することが可能な空間均衡モデルを用いることにより、政策の変更がフード・マイレージにもたらす影響を計測することである。第2はフード・マイレージの変化の要因を分析し、どの国が環境負荷や食に関するリスク・不安感などの影響を受けるかを明らかにすることである。具体的には、世界的にFTAの推進がなされていることを考慮し、コメ貿易の自由化が進展し、関税及び関税割当がすべての国で完全に撤廃される場合について分析する。

Recently, food mileage is remarkable as the index that unites the production of food and environmental problems or the safety and the anxiety problems of food. The food mileage shows the size of the energy spent on transportation, and it can be said that the larger this value becomes, the larger environmental load grows. Moreover, it suggests that the risk and the anxiety to food increase. As mentioned above, measuring the food mileage plays an important role in analyzing various problems of food. However, in the past paper, the food mileage was calculated at certain point of the past time, so it was not simulated how this value changes under the various policies change. Therefore, in this paper, by applying the spatial equilibrium model developed by Maeda and Kano (2008), we analyze the influence to the food mileage of the shift in policy. Concretely, we measure the each food mileage about the international rice trade under the situation that the present foreign trade policy is maintained and the situation that the trade liberalization progresses and the tariff and the tariff quota are abolished completely in all countries. As a result, when thinking all countries, the food mileage increases about 4.451 times under the situation of the trade liberalization. Moreover, by analyzing the factors of an increase of the food mileage, it became clear that the influence in each country is different. The left problem includes that how to build the value of the food mileage into the policy. Moreover, when the policy is executed, it is important to calculate other environmental indicators by applying the spatial equilibrium model similarly.

Journal

  • Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University

    Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University 63(2), 241-250, 2008-10

    九州大学大学院農学研究院

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120001040916
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11577672
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13470159
  • NDL Article ID
    9732206
  • NDL Source Classification
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL Call No.
    Z18-300
  • Data Source
    NDL  IR  JASI 
Page Top