C.ドビュッシー<喜びの島>伝説の真偽--J.A.ヴァトー<シテール島への船出>との関連性を問う A question whether the common view about C. Debussy's Lisle joyeuse is true or not: Is there any relation between C. Debussy's Lisle joyeuse and J.A. Watteau's L'embarquement pour Cythere?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

「ドビュッシーの〈喜びの島〉はヴァトーの絵画〈シテール島への船出〉から着想を得て作曲された」。この定説は,広く世に知れ渡っている。ところが,両作品を結びつける明確な根拠を記した文献はどこにも見つからない。はたしてこの説は真実なのだろうか。本研究の目的は,様々なドビュッシー研究家による文献を手掛かりに,この通説の出所および真偽を確かめ,これが定説化していった背景について推論的に明らかにすることにある。そのために本研究はまず,〈喜びの島〉と同一視されるシテール島について,フランスの歴史を踏まえつつ考察する。つぎに,〈喜びの島〉作曲当時におけるドビュッシーの私生活に〈喜びの島〉と〈シテール島への船出〉を関連づけるだけの痕跡を探りながら,当時の社会風潮を背景に問題の説が定説化していった経緯を明らかにする。続いて,〈シテール島への船出〉の成立事情についてみた上で,問題の定説にはそもそも学問的,客観的な根拠が存在しないことを論証する。It is said that C.Debussy's L'îsle joyeuse was inspired by J.A.Watteau's L'embarquement pour Cythère. This view has been commonly accepted. But, so far, we have not found any relation between both works, at least from the scholarly point of view. Is this view really true? The purpose of this paper is to find out what originated this view, see if it is true or not, and infer that it is no more than a mistaken conjecture which comes from a rumor or gossip, from many detailed descriptions by several Debussy scholars and others on our subject. Lastly, we arrive at the conclusion that there is no scholarly and objective reason to maintain that common view.

収録刊行物

  • 大阪教育大学紀要 1 人文科学

    大阪教育大学紀要 1 人文科学 55(2), 63-83, 2007-02

    大阪教育大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120001059712
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00028164
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03893448
  • NDL 記事登録ID
    8760580
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-279
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ