ピア・ロールプレイによる獣医学生の診療コミュニケーション実習

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

参加者がそれぞれ獣医師役、飼い主役、観察者を演じるピア・ロールプレイの手法を採用し、臨床志向の獣医学生らに対して診療コミュニケーションを向上するための実習を行った。ロールプレイ終了後には、その内容について各自フィードバックを受け、ポートフォリオに準じて自己評価した。2日間で計9名の獣医学生、2名の臨床獣医師が参加し、いずれからも高い満足が得られた。獣医師役を演じた自己評価は否定的な内容が多かったが、飼い主役と観察者からのフィードバックには肯定的な意見も多くみられ、全体としてバランス良く反省することが可能であった。また、初回に得られた反省は、次回の目標設定に影響を及ぼしており、ポートフォリオによる評価が有用であることが示唆された。ロールプレイの導入は、適切な評価方法を用いることで、コミュニケーション能力を向上するための妥当な手段になると考えられる。

収録刊行物

  • 北海道獸醫師會雑誌

    北海道獸醫師會雑誌 53(5), 10-13, 2009-05-01

    北海道獣医師会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120001311787
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0018-3385
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ