排便スケールを作成して統一した排便記録をつける  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

介護士の日常的な業務の一つにオムツ交換やトイレ介助がある。それによって排泄の状態を把握・記録することができ、排便コントロールなど入所者の健康管理に役立てている。しかし実際には、過去の排泄記録(平成18年1月~12月)の集計より具体的に量・形状が記入してあるものは全体の5%ほどで、その記入方法も統一性がなく分かりにくいものになっていた。職員50名におこなったアンケートの結果でも、記録からは具体的な量・形状が分からないと感じていることがわかった。そこで排便量・形状の目安となるスケールを作成・使用し、統一した排便記録をつけることで問題解決に努めた。スケールを使用することで、オムツ内排泄など確認可能な排便は排便量・形状ともほぼ100%記録できるようになった。アンケートでも90%以上が排便量・形状を記録していると答え、排便記録が分かりにくいと答えた職員は約70%から40%に減少した。統一した記録をつけることで、申し送りや他職種への正確な伝達が可能になった。

Journal

  • 新田塚医療福祉センター雑誌

    新田塚医療福祉センター雑誌 5(1), 21-23, 2008-08-30

    新田

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120001339385
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Data Source
    IR 
Page Top