「抱きしめる」という効果  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

保育士が積極的に園児を抱きしめる事が、園児の協調性、落ち着き、不安に影響を与えるかを検討した。協調性、落ち着き、不安の程度の指標としては、それぞれトラブルの回数、一定時間座っていられなかった回数、日本版CBCL(Child Behavior Checklist)検査を用い判定した。その結果、すべての指標が有意に減少し、保育士による抱きしめる行為は、集団生活の場において、協調性と落ち着きを増し、不安を軽減することが示唆された。

Journal

  • 新田塚医療福祉センター雑誌

    新田塚医療福祉センター雑誌 Vol.4(No.1), 17-18, 2007-07-31

    新田塚医療福祉センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120001351477
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1349-2519
  • Data Source
    IR 
Page Top