西表島におけるリュウキュウイノシシの餌植物と解体利用  [in Japanese] Feed plant, dressing and utilization of carcass of Ryukyuan wild boar in Iriomote Island  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年、イノシシ肉はグルメブーム、観光ブーム、村おこしブームなどにより商品化が高まりつつある。西表島におけるリュウキュウイノシシと餌資源である森林植物との関係、解体および利用方法を明らかにし、将来的に持続可能な狩猟を行い、食用資源としての需要を図ることを目的とした。調査の結果、西表島のリュウキュウイノシシはドングリ(イタジイ、オキナワウラジロガシ)などの堅果類を好み、その他主に植物性のものを採食し、餌資源植物には30種あることがわかった。イノシシ肉は、採食する餌の種類、季節により肉質に違いがみられ、旨味は脂肪の量に関係し、特有の臭さは血にかかわりがあると考えられた。

Journal

  • The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (54), 23-27, 2007-12

    琉球大学農学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120001374474
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00250548
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03704246
  • NDL Article ID
    9495402
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-881
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top