沖縄に分布する3種土壌におけるサツマイモネコブセンチュウおよび土壌微生物相に及ぼす米ぬか混和の影響 Effects of rice bran mixture on the microflora and the southern-root knot nematode in three typical soils of Okinawa.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

沖縄に分布する代表的な3種土壌(国頭マージ,島尻マージおよびジャーガル)における米ぬか混和のサツマイモネコブセンチュウに対する防除効果の評価を行った.その結果,全ての土壌において高い防除効果が認められた.また,各土壌の米ぬか混和処理では根こぶ線虫数が顕著に減少するとともに,対照に比べて細菌食性線虫が増加する傾向を示した.さらに米ぬか混和処理土壌の微生物相を調査した結果では,対照に対して,国頭マージおよび島尻マージでは放線菌および糸状菌数が増加する傾向を示したが,ジャーガルでは糸状菌数のみの増加が認められた.細菌のグラム判定試験では,いずれの米ぬか処理土壌においてグラム陽性細菌が増加した.またネコブセンチュウの分離に及ぼす米ぬかの影響を検討した結果では,迅速かつ顕著な分離阻害効果が認められた.以上のことから,米ぬか処理は供試した全ての土壌においてネコブセンチュウに対し高い防除効果を示すことが明らかとなった.The controlling effect of rice bran mixture on M. incognita in three typical soil types of Okinawa was evaluated. A high control effect was observed in all soils examined; the number of M. incognita decreased while that of bacteriotrophic nematodes increased strongly in soils with the organic matter added. The application of rice bran increased fungal growth in Jahgaru soil, and that of fungi as well as of actynomycetes in Kunigami mahji and Shimajiri mahji. Ggram-positive bacteria were promoted in all soils by the admixture of rice bran. Moreover, as a result of examination of the influence of rice bran mixture on extraction of M. incognita, an inhibitory effect that prompt and remarkable was admitted. We conclude that a significant inhibition of M. incognita could be achieved in all soil types by the application of rice bran.

収録刊行物

  • 沖縄農業

    沖縄農業 40(1), 59-67, 2007-03

    沖縄農業研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120001377219
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00083297
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1344-1477
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ