アルコール発酵の最適温度の測定  [in Japanese] A measurement of optimum temperature for alcoholic fermentation  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

研究ノート1. はじめに2. アルコール発酵の原理2-1. 酵母2-2. 好気呼吸と嫌気呼吸2-3. 酵素反応の速度3. 実験および結果3-1. 実験器具3-2. 実験操作3-3. 注射筒の目盛り3-4. 反応速度データ3-5. ヨードホルム反応によるエタノールの検出4. 考察4-1. 酵母の増殖4-2. 二酸化炭素の体積4-3. 最適温度5. 学生実験への対応5-1. 実験指導上の注意5-2. 発酵ジュースの用意5-3. 酵母の顕微鏡観察慶應義塾大学日吉キャンパスにおける文系学生を対象とした化学実験のテーマの1 つとして,アルコール発酵に関する実験を開始した。その際に,反応容器として注射筒を用いる簡便な方法を採用した。学生への指導上の参考データを得るために,発酵速度の温度依存性を測定し,最適温度が約45℃であることを確認した。また60℃以上になると発酵が停止するが,そのときの酵母と酵素の状況についてもあわせて考察した。

Journal

  • The Hiyoshi review of natural science

    The Hiyoshi review of natural science (45), 1-13, 2009

    慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120001413960
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10079809
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09117237
  • NDL Article ID
    10235735
  • NDL Source Classification
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z14-1207
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top