チーム・エンパワーメントの理論展望  [in Japanese] An analysis of team empowerment theory  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,チーム・エンパワーメントに関する理論サーベイを行ない,チーム・エンパワーメント理論の現状を把握した。そして,チーム・エンパワーメントの理論モデルを構築するにあたってのポイントを見出そうとした。個人のエンパワーメント理論に比べ,チーム・エンパワーメント理論は発展途上にある。その中で,Kirkman Rosen たちの研究が中心となり,いくつかの主要な研究が現在,発表されている。理論サーベイを行なってみると,チーム・エンパワーメントからダイレクトに諸成果に結びつくのではなく,チーム・プロセスを通じ,諸成果に結びつくという論理を展開した方が妥当であることを見出した。吉田正樹教授退任記念号論文

Journal

  • Mita business review

    Mita business review 51(6), 73-85, 2009-02

    慶應義塾大学出版会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120001728664
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00234698
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0544571X
  • NDL Article ID
    10227181
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-296
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top