札幌市における先天性代謝異常症ハイリスク・スクリーニング結果 ; 1996〜1999年度 A Selective Screening for Inborn Eroors of Metabolism in High Risk Infants (1996-1999)

この論文にアクセスする

抄録

札幌市では、痙攣や意識障害などの臨床症状により先天性代謝異常症が疑われた児を対象としたハイリスク・スクリーニング検査を実施している。1996年4月から2000年3月までの4年間の受検者数は、スクリーニング開始から6年間の受検者数の約2.8倍にあたる1040人で、15名に何らかの代謝異常症を示す診断結果が得られた。本スクリーニングは、診断が困難な患児の早期発見、早期治療にむすびつけるための検査として、その必要性は非常に高い。

収録刊行物

  • 札幌市衛生研究所年報 = Annual Report of Sapporo City Institute of Public Health

    札幌市衛生研究所年報 = Annual Report of Sapporo City Institute of Public Health 27, 32-37, 2000

    札幌市衛生研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120001795688
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0917-0294
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ